RETURN TO TOP PAGE


                     修理に関する大事な事が書かれています
         修理をお出しになる前に一読お願いします




修理品を宅急便等で送られる方
  
  修理品を運送会社で送られる方は昼間連絡の取れる電話番号、E-Mailアドレスを記載したメモなどの添付をお願いします
  修理内容、故障箇所はメモ書きで構いませんので修理品に添付お願いします



修理見積もりについて
  
  修理品は、お見積もりをしてから修理に掛からせていただきます

  見積もり中止時には見積もり料4,000円+税+送料が発生いたします
  修理完了時には見積もり料は発生致しません

  修理見積もりの時に見積もり中止時の金額も御連絡いたします


当店から修理品を返却する時の送料

    修理料金が3万円(税込み)を越えた時の送料は無料になります
    MATCHLESS,BAD CAT等の高額アンプ、重量の極端に重いアンプは発送時に保険を掛けて発送する為
    修理料金が3万円(税込み)を越えた時でも修理代に保険料420円〜630円プラスになる時も有ります



修理完了後の保管期間

  修理完了の御連絡後3週間経過しても入金、連絡などが無い時は
    修理品の処分、保管料を頂く時がございます
    修理見積もり連絡後後、1ヶ月過ぎても連絡の無いものは処分いたします

  こちらでは長期の保管はお断りしていますので、よろしくお願いいたします



修理後の保障について

  故障内容によりますが保証期間は修理完了日から原則6ヶ月です。
  6ヵ月以内でも破損による故障などは再修理扱いにならない時が有ります
  例 スピーカーの不良 ボリュームポットやジャックをぶつけて破損などです
  
  修理時に交換した新品の真空管の保障は6ヶ月が原則です
  こちらの経験から6ヵ月間問題の出ない真空管は一年以上動いています
  
  修理時、未交換部の真空管には保障は有りません

  
  
交換した部品について

  交換した部品は全て壊れているわけでは有りません、
  例えばダイオードはブリッジ整流の場合4本使いです、その中の1本だけ交換すると後に再修理で戻ることが有ります
  またダイオードが破損する時はショート状態の故障が多い為、アンプに重大なダメージを与えます
  そのような理由から4本同時交換になります



  ヴィンテージアンプ修理の時、部品はなるべく悪い所のみの交換に致しますが、詳細は修理時にご連絡するように致します
  交換した部品は全てお返ししますが、交換した部品やパワー管などは使うとFUSEが切れる事が有ります
  交換した部品や真空管の二次使用は推奨いたしません




                       長文で読みづらい所も有ると思われますがよろしくお願いします